ダイエットをしている女性は薄毛に要注意

薄毛といったら中年男性の悩みというイメージですが、若い女性であっても悩まされているかたは少なくありません。

 

女性の薄毛の場合、40代以降でしたら女性ホルモンの分泌量が少なくなることで起こる更年期障害の一つの症状として見られますが、女性ホルモンが安定している若いかたであっても生活習慣の乱れから誰もが薄毛になりやすくなってしまいます。

 

特に多いのが、過激なダイエットによる栄養不足が原因の薄毛です。

 

痩せたいからといって食事の量を安易に減らしてしまうと髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、元気な髪の毛も抜けやすく、全体的に寂しい頭髪になってしまいます。せっかく痩せて綺麗になりたいのでしたら、頭髪についても考えておくべきでしょう。

 

 

若い女性でも薄毛には注意をしてください。健康的で豊かな頭髪は健康的な生活習慣から生まれます。

 

薄毛に悩み続けた日々

 

私は30代の女性ですが、数年前から薄毛に悩んでいました。私の場合、全体的に薄毛になったわけではなく、右前髪あたりだけ髪の量が減っていました。

 

お風呂上がりなど髪が濡れた状態の時はほとんど毛がない状態で、髪を乾かすと地肌が見えていました。父親も髪の毛が薄く、前髪が薄くなるパターンは遺伝によるものだという話を聞いたため、遺伝による影響かと思っていました。

 

ただ、私は女性なので、女性ホルモンの影響から髪が薄くなるとは思えませんでした。状況はひどくなるばかりで、外出するのも億劫になっていました。

 

特に昔の友人にあうのは苦痛でした。これではいけないと思い、薄毛になる要因を調べたところ、タバコや食生活も影響すると知り、タバコを辞め、なるべく野菜を多く取り、脂ものやインスタント食品を控えるようにしました。

 

今現在は、頭皮が見えるほどの薄さはなくなり、髪の量が増えたのでほとんど気にならなくなりました。