ストレスに弱い頭皮

女性でも、20代で薄毛に悩んでいる人は少なからずいるはずです。わたしも、その一人でした。

 

薄毛の原因は人それぞれです。遺伝だったり、生活習慣だったりしますが、わたしの場合は仕事でのストレスが原因でした。もともと、健康的とは言えない髪質でしたが、ある日気が付いたら、髪の毛がどんどん抜けていたのです。

 

後頭部の髪はぺしゃんこになりコシも失われていました。美容室に行くのも恥ずかしくなるほどでした。鏡で後頭部を見ると、うっすら地肌が見えていました。

 

スカルプケアのシャンプーや育毛剤も試して、ようやく人前に出ても目立たないまでに髪が伸びてきましたが、社会生活を営んでいるとどうしてもストレスを感じてしまいます。頭皮はストレスに弱いことを自覚して、日々、ケアしていかなければいけないですね。

 

薄毛が気になってしたい髪型にできません

 

20代でも薄毛になるとは、想像してもいませんでした。

 

薄毛に気づいたきっかけは、美容院で髪をカットしてもらい、家に帰ってきた時です。
後ろはどんな感じになったのか鏡で見ていて、後頭部の地肌がかなり目立っている事に驚きました。
カットしたと言ってもあまりにもボリュームが少なくて、かなりショックを受けたのです。

 

それからはなるべくショートにしないで、肩の辺りまで伸ばし、髪を一つに括って纏め、薄毛を隠しています。
そうじゃないと、下している時は後頭部の地肌が見えてしまうのです。

 

薄毛の為に人の視線が気になって、ストレスが溜まってしまいます。
何とかボリュームアップしたくて、今度育毛剤やそういったシャンプーを買ってみようかなと思っています。

 

薄毛じゃなければ、したい髪型も気兼ねなく出来るのにと感じます。